杏飴

Yonder Voice Lyrics/Vocal
约稿请联系微博@YonderVoice

僕はシャッターを切る。

雨に育てられた公園の緑や、
カーテンの隙間から覗く早朝。
読みかけのベルレーヌと、
未来を通り過ぎる列車の汽笛。
すべてが自然で柔らかく、
僕らの日々を見守っている。
そしてその中で、当たり前のように、
君は今、息を止めた。


2014.04.26

終わりじゃない。別の世界でこれから生まれる誰かにとっての始まり、と思ってしまおうか。

评论
©杏飴 | Powered by LOFTER